• ホーム
  • 特にヘルペスに強いバルトレックスで早めに治療をしましょう

特にヘルペスに強いバルトレックスで早めに治療をしましょう

2020年03月27日
薬を飲む男性

ヘルペスはウイルスに感染することによる症状があらわれるのですが、ウイルス自体の増殖を抑えるための治療薬がバルトレックスになります。症状が出たときはバルトレックスをできるだけ早く服用することで、早期でウイルスの増殖を抑えることができるので歓待するまでの期間も短くなっています。バルトレックスを服用する場合の注意点は、水ぶくれや痛みなどの症状がなくなったとしても1週間程度は必ず服用し続ける必要があります。まだウイルスが体の中に残っている可能性があり、その状態で服用をやめてしまえばウイルス自体が耐性を持つ可能性があります。ウイルスが耐性を持ってしまえば、今まで効果があった薬でも効き目がなくなる可能性もあるので注意が必要です。

幸いバルトレックスには耐性を持つウイルスが発生しにくいとされていますが、基本的に薬を中途半端に服用することで、耐性を持つウイルスができれば治療が難しくなっていきます。数日の治療で痛みや水ぶくれなどの症状が治まったから大丈夫だということはなく、ウイルスがまだ体内に存在していることも珍しくはありません。服用をやめることで耐性ウイルスを作らないように、医師に指示されている期間は確実に服用するようにします。

またヘルペスのウイルスは一度感染してしまうと、完全に体外から取り除くことは現在の医療技術では不可能です。バルトレックスはヘルペスの辛い症状に効果を発揮する薬ですが、耐性を作らないように早めに期間を守って治療を行います。ヘルペスになったときはバルトレックスを服用することが、一般的で治療効果も出やすいです。ヘルペスウイルスの増殖を抑制する働きがあり、症状がひどくなる前に予防的な効果も発揮しています。副作用に対してはほとんどリスクがない薬なので、若い10代の子供でも服用することが可能です。

ヘルペスは稀に自然治癒するとも言われていますが、人によっては全く症状が出ないこともあります。しかし症状が出たときは複数の水ぶくれができ、患部がとても痛いことが特徴です。それらを素早く治してくれるのが、バルトレックスですし素早く不快な症状を軽減していきます。人によっては発熱や関節痛などのひどい症状が出ることもあるので、症状を最小限に抑える意味合いでもバルトレックスを1週間続けて行くことが大切です。体質によって再発しやすい人もいますが、バルトレックスを常備薬として常に持っていることもできます。