• ホーム
  • ヘルペスにかかったら食べ物の力を借りて早めに治してしまいましょう

ヘルペスにかかったら食べ物の力を借りて早めに治してしまいましょう

2020年04月04日
新鮮な野菜と果物

ヘルペスを薬以外で早く治すためには意識して摂取したいのが、ビタミン類で食品に含まれていることが多いです。特に、ヘルペスを発症する原因は風邪をひいたりストレスがあったり、疲れが溜まっていることで体の免疫力が低下していることになります。ビタミンには特に体の免疫力を高める効果が期待でき、体内で自力で作ることができない成分なので、食べ物から摂取します。特にビタミン類の中でもAやEに関しては、免疫力を高める効果が高いとされているので積極的に摂取できます。ビタミン類は新鮮な野菜や果物などの、身近な食品に含まれていることが多く、普段の食生活へ取り入れやすいのが特徴です。

ビタミンAは特に体の免疫力を高める効果が期待できますが、それだけではなく皮膚や粘膜を強くする作用も期待できます。健康な肌を作るためには欠かせない成分で、それによりヘルペスを治したり、予防することに対しても強い味方になります。ビタミンAを多く含んでいる食材は、レバーや人参・ホウレンソウなどの緑黄色野菜があります。次にビタミンEは免疫細胞に対して直接働きかけますが、免疫細胞を活性化させる効果が期待できる栄養素です。ビタミンEには強い抗酸化作用もありますが、これは体内の脂質の酸化を防いでくれる作用のことになります。

これにより体が老化することも防ぎますし、ビタミンEをたくさん含んでいる食材は秋刀魚やかぼちゃ・ブロッコリーなどがあります。かぼちゃはさらにビタミンAも含んでいるので、体の免疫力を高めるには最高の食材になっています。体の免疫力を高めるには必須と言えますが、これらのビタミンは自分の体内で生成することができません。免疫力低下が誘因となるヘルペスに対して効果を発揮するだけではなく、発症の予防にもなるので積極的に摂取したい食品です。ヘルペスは不快なかゆみや痛みだけではなく、水ぶくれなどの厄介な症状も引き起こします。

体内の神経にウイルスが常に潜伏するので、様々な誘因で再発することになります。日頃からバランスの良い食生活を心がけるだけで、これらの不快な症状を再び引き起こす確率も低くなっています。ビタミンはサプリメントでも摂取しやすい栄養素ですが、食品から摂取した方がスムーズに体に取り入れられやすいです。様々な食べ物や料理方法がありますが、ビタミンが壊れにくい方法で調理を行い積極的に取り入れることが望ましく、ヘルペスの再発を予防することができます。